ホーム>声楽レッスン

声楽レッスン

声楽レッスン・合唱団のお誘い

 声楽レッスン

あなたも「佐藤式ベルカント発声法」による、声楽レッスン・合唱団に参加してみませんか?
お申し込み・ご相談はこちら!

 

声楽レッスンご相談     

     1)レッスンを受けようとする場合、直接お電話いただいても大丈夫です。
     2)スタジオ日程(クリックすると具体的日程が出ます)をご参照下さい。
 

佐藤式ベルカント発声法

「佐藤式ベルカント発声法」は、元ミラノ・スカラ座トレーナーのアンジェロ・ベルタッキ氏(Maestro Angelo Bertacchi)から佐藤宏之が習得した“ベルカント式発声法”をもとに、筋肉トレーニング法等、佐藤氏が独自のアレンジを加えて確立した発声法です。

アンジェロ・ベルタッキ氏は、ミラノ・スカラ座、ニューヨーク・メトロポリタンはじめ、最近では「イタリアオペラ」として来日しているオペラ歌手を多数輩出しているトレーナーで、ヨーロッパでは大変知られた存在です。

佐藤宏之は声楽家・舞台人・声優・ボイストレーナーなど、声を生業とするプロフェッショナルのための本格的レッスンを「IBS 阿見音楽スタジオ」にて行っております。
また、首都圏の皆さんには、交通に便利な「東京都内 田端スタジオ」、(標高800m)宿泊施設を完備した福島市の吾妻スカイライン入り口にある「IBS 高湯音楽スタジオ」にて、「佐藤式ベルカント発声法」を集中的に学ぶ合宿や、指導者育成プログラムの開催も予定しております。

佐藤式ベルカント発声法の効果

発声においての変化

  1. 斜腹筋の訓練により音域が拡大
  2. 横隔膜の訓練により信頼性の高い発声を実現
  3. 鼻腔の響きがゆたかになり、無理なく遠くに飛ぶ発声を実現

※その他いくつかの主要な筋肉訓練により豊かな響きを実現

 

副産物

  1. 腹部の筋肉を訓練する過程で血のめぐりがよくなり無気力が改善され人格が良好に変化する。
  2. ほほえみ筋の訓練により表情が豊かに
  3. 体重を減らすダイエット効果

 

指導プログラム (※一部抜粋)

レッスンA 本格的発声のための毎日の筋肉トレーニング法
レッスンB 声をおなかで支える感覚を身につけるためのレッスン
レッスンC 母音と子音の関係を意識して発声するためのレッスン
レッスンD コメ パルラーレ(come parlare 話しをするように)の神髄を学ぶ
レッスンE パッサージョ習得のためのレッスン
レッスンF ヴォイストレーニングとレッスンの重要性を学ぶ

 

声楽レッスン料
 
【参考 声楽レッスン料/1レッスン(約40分間)12,000円(含 TAX・ピアノ伴奏者)】
*都内の場合「スタジオ使用料及び諸経費」 3,000円を加算。
 

 

 

レッスン受講生からの生の声

レッスン受講生からの生の声(舞台を目指すレッスン生)

  • 私は大学で声楽を専攻しました。職場での必要から「もっと本格的に歌曲やオペラを勉強してみたい」と、思うようになりましたので、佐藤先生に連絡、発声に関する指導法が具体的で判りやすかったのと、実践的で、音域も一気に伸びました。(音楽教員)
  • 評判の、歌の技量を上げたいと思いレッスンを受けてみようと思いました。いくつか「声楽レッスンのスタジオや声楽教室」に行ってみました。でも、型通りの発声をした後で、課題となっている曲を歌う訳ですが、「そこはクレッシェンドとなっているでしょ!だんだん大きくして!」「八分音符だから長くしない!」など。確かに楽譜の通りなのですが、もっと本格的に教えてもらえる先生はいないかと思いました。そこでもう一度ホームページ画面で探したところ佐藤先生ご夫妻でやっているイタリアベルカントセミハナウスの「佐藤声楽studio」に当たりました。指導の中身が本格的で効果的です。すごくいいと思っています。(声楽講師)
  • 読んでみると「プロフィールが国際的」、「二期会会員の声楽家」。「国内はじめ海外でも演奏活動をしている」「実績と経験がある」ので興味を持ち、「申し込み」を送信してみました。すごく声も出るようになりました。上の方が楽になり、学生時代「夢」だったオペラ作品が歌えてます。(声楽家志望)
  • ホームページにあった申し込みをクリックしたら、先生の方から連絡が入りました。佐藤先生は「先生との相性というのもあるから、5~6回レッスンをしてみて続けられそうかを判断したらいいのではないですか」とのことでしたので、気分的には楽になりました。大事なのは発声法です。「先生のペースでベルトコンベア的訓練を受けている内にすごく声が出るようになったので」驚いています。(声楽家志望)
  • 先生は「声楽のレッスンというのは、その90%は発声法をつかむというか修行するということになります」「もちろんマイクなしで、大きい会場の隅々まで響く発声をどうしたら身につけることができるか」ということで、先生のところではじめたところ、まず声域が上にどんどん伸びました。(音楽教室講師)
  • 佐藤先生は「声が高い方に伸びるということは、ピラミッドの様に底辺の響きも広くなるということです」と言ってましたが、確かにかなり本格的な声になったと言われています。歌いたいと思っていた歌曲やオペラを歌っていることに、われながら驚いています」。(留学生・欧州滞在)
  • 先生の指導は、「楽譜に書いてあるからそうしなさい」とは、滅多に言いません。「楽譜にはそう書いてあるけど本来はこう歌う」など、その音楽についての研究が深いんですね。各所に「あ、そうですか。へエ~~」という様なことがあって意外性という点でも面白いというか本学的。多くの点で、欧州で行われている考え方を垣間見ることができます。(オペラ歌手)
  • レッスン初日に判りました。「あ、これはすごい。本格的だ」と思いました。帰りは車の中で歌いっぱなしでした。嬉しかったというか何となく変な気持ちでした。おかげさまでその後「カラオケ全国大会第5位」や、それ以降あちこちで歌う場面が多くなりました。はっきり言って人生が変わりました。(歌謡曲)
     

音大声楽科在学中・プロ音楽家の方より

  • 上手くなるための発声と、曲の順序が整理され進むのでよかった。(音大生)
  • とにかくピアノ伴奏の方が上手いので、気持ちいいです。(音大生・留学希望)
  • 伴奏者が調の上げ下げをその場でぱっとやって、私に合わせてくれるので、安心して歌えます。(音楽教師)
  • 音大受験以来、ずーっと佐藤先生のところで声楽をやっています。(プロ歌手・全国展開)
  • ピアノ科でしたが「歌に向いている」とのことで。今は声楽家としてオペラやオーケストラとの舞台に出ています。(声楽家)
  • 欧州留学中です。発声メソードは単純だけど良く研究されたものだと改めて感じています。(音大大学院卒)
  • 大きい声を出そうとして喉に無理したことがあり、ここに来ました。発声法が大事だと思っています。(音大声楽科在学中)
  • 力を入れないで声が出せるようになりたいので佐藤先生のところに来ました。(音大声楽科在学中)
  • 本当に力を入れないで歌えるようになりました。声も変わり性格も明るくなったような。(音大在学中)
  • ホールに通る声が出るようになっていることを実感しています。(音大大学院生)